×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー転職情報

カイゴジョブ


  • 就職や転職・再就職の時には、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。
    そんな時は転職求人のプロに、あなたの転職活動をサポートしてもらってみてはいかがでしょうか?
    きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職先が見つかります。

  • 以下にあてはまるなら、今すぐ転職!

    • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
    • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
    • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
    • 人間関係の良好な職場で働きたい。

    ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

    ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

    介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

    一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

    介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

    年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

    一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

    • ★あなたの働きたい希望条件や資格から転職先を選びましょう

このページの先頭へ